ケミカルピーリング(エステ)は大阪のコムネクリニック@心斎橋
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

美容外科学
美容外科学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
抗老化医学
抗老化医学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
抗老化医学(こうろうかいがく、英: Life extension)とは積極的予防医学の一種で、老化を防ぐために行う行為の総称である。アンチエイジング(anti-aging medicine)とも呼ばれる。 その根底は検査診断学・従来医学を含む。範囲は一般診療科目全部、運動生理学、栄養学+東洋医学、美容外科、美容皮膚科、エステ、アロマ、ハーブ、補助栄養学、代替補完医学、音楽芸術など多岐にわたる。すなわち抗老化医学とは医学・及び周辺科学をも含む究極の集学的医学で人間の本来の姿、本来の寿命、至適な状態に心身ともに持ってゆく事を目的とする医学である。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
コラーゲン
コラーゲン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コラーゲン (ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen) は、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられている。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ビタミンC
ビタミンC 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビタミンC (Vitamin C、VC) は、水溶性ビタミンの1種。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしている。化学的にはアスコルビン酸のL体のみをさす。 ヒトはアスコルビン酸を体内で合成できないため、必要量をすべて食事などによって外部から摂取する必要があり、ビタミンとして扱われている。一方、多くの動物にとっては、アスコルビン酸は生体内で生合成できる物質であるため、必ずしも外界から摂取する必要は無い。体内でアスコルビン酸を合成できないのは、ヒトを含む霊長類の一部やモルモットなどだけである。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容液
美容液 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美容液(びようえき)とは基礎化粧品の一つ。保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されている。通常、美容成分の肌への吸収性を高めるため、化粧水等で肌を整えた後に、油分を含む基礎化粧品を使用する前に肌に塗布することが多い。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
               
11