ケミカルピーリング(エステ)は大阪のコムネクリニック@心斎橋
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

皮脂
皮脂 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
皮脂(ひし、英語 sebum)は、皮脂腺から分泌される脂肪などを含むエマルション様の液体である。成分は脂肪酸グリセリンエステルである。 皮脂腺の腺細胞が内部で合成した分泌物を多量に蓄積した後、細胞全体が崩壊することによって皮脂腺内腔に放出される。つまり、皮脂は皮脂腺細胞の崩壊物全体からなる。毛穴の内面に開く皮脂腺開口部から皮膚表面に分泌され、皮膚や体毛の表面に常に薄い膜状に広がり、物理的、化学的に皮膚や毛髪の保護や保湿の役割を果たしている。また、これに含まれる脂肪が皮膚の常在細菌によって分解されることによって生じる脂肪酸によって皮膚の表面は弱酸性となり、これによって病原菌などを排除する機能も持つ。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
角栓
角栓 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
角栓(かくせん、keratotic plug)とは、皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴中で凝固、発達したもの。 表面が酸化して黒く見えることがある。 ニキビの原因にもなるため毛穴パックなどで除去する場合もある。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
毛穴
毛穴 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
毛穴(けあな)は、生物の皮膚の表面に存在する小さな孔。人の肌の1cm四方には、少なくとも20個はあるという。ここから体毛が生えることから、毛穴と呼ばれる。毛穴の役割は幾つかあるが、いずれも体内から体外へと放出する役割をもつ。皮膚呼吸はこれの代表で、水蒸気などを発散している。また毛穴からは皮脂も分泌されるが、皮脂が毛穴に溜まり、それが放置されると角栓となって毛穴を塞ぎ、毛穴の機能を低下させる。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
補酵素
補酵素 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
補酵素(ほこうそ、英: coenzyme)は、酵素反応の化学基の授受に機能する低分子量の有機化合物である。コエンザイム、コエンチーム、助酵素などとも呼ばれる。 一般に補酵素は酵素のタンパク質部分と強い結合を行なわず可逆的に解離して遊離型になる(反対に不可逆的な解離を行なうものは補欠分子族と呼ばれる)。補酵素の多くはビタミンとして良く知られており、生物の生育に関する必須成分(栄養素)として良く知られている。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
インフォームド・コンセント
インフォームド・コンセント 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インフォームド・コンセント(英語:informed consent)は、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。以下、本項では「IC」と略称する。 特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け理解した上で (informed) 、方針に合意する (consent) ことである。説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。 なお、英語の本来の意味としては「あらゆる」法的契約に適用されうる概念であるが、日本語でこの用語を用いる場合はもっぱら医療行為に対して使用される[1](医療行為以外については説明責任を参照)。本項でも、以下では医療行為に伴うIC、特に医師を始めとする医療サービスの提供者(以下、医療従事者)と、患者との間でなされるICについて述べる。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
             
10