ケミカルピーリング(エステ)は大阪のコムネクリニック@心斎橋
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

エステティックサロンのコ ム ネ ク リ ニ ッ ク@心斎橋

AGA に関連したホルモンのレベル [編集] 男性ホルモンにはテストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがある。一般的にAGA男性は総テストステロンレベルは低い。[1][2] 5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)は遊離テストステロンをDHTへと変換する酵素であり、主に頭皮と前立腺に存在する。遺伝子は解析されている。[3] 5αリダクターゼの活性は頭皮のDHTレベルを決定する要素となる。また、FDAによって脱毛症の治療薬として認可されている5αリダクターゼの阻害薬(フィナステリドのような、主にタイプ2サブタイプを阻害するもの)の使用量を決める目安にもなる。 性ホルモン結合グロブリン(sex hormone binding globulin, SHBG)はテストステロンと結合してその活性を抑え、DHTへの変換を抑制する。DHTレベルが高い人は一般的にSHBGレベルは低い。SHBGはインスリンにより下方制御(downregulate)される。 インスリン様成長因子1(insulin-like growth factor-1, IGF-1)の上昇は頭頂部の脱毛に関連している。[4] インスリンレベルが高いことはメタボリックシンドロームや脱毛に関連しているといわれている。男性や妊娠していない女性では SHBGレベルが低いことと耐糖能や糖尿病のリスクとに関連があるといわれている。ただし、女性の場合妊娠するとこの関連はなくなる。 [5]
投稿者 小宗クリニック② (2010年3月17日 18:00) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :