ケミカルピーリング(エステ)は大阪のコムネクリニック@心斎橋
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

AGAは心斎橋の当院まで エステ 美容皮膚科も対応!

脱毛と生活習慣 [編集] 遺伝的な要素はAGAの発症や進行に大きく関わっているが、生活習慣もまた大きな要素となる。日本で第二次世界大戦後に男性型脱毛症が激増したことが一つの例として挙げられる。 毎日十分な有酸素運動を行なうと(筋肉量の増加を目的として男性ホルモンレベルを高めるようデザインされた、短時間の不定期な運動に比べて)インスリンのベースラインは低くなる。また、総テストステロンレベルや遊離テストステロンレベルもベースラインが低くなり、DHTのベースラインも大きく下がる。[6]ウエイトトレーニングにより遊離テストステロンレベルが下がったという研究も(少なくとも一つ)存在する。.[7] 治療 [編集] 脱毛を減らす、脱毛の進行を止める、稀には脱毛前の状態に戻す、という治療は以下。 * ミノキシジル * フィナステリド * デュタステリド * ケトコナゾール * ノコギリヤシ抽出物 * カフェイン [8]の局所療法
投稿者 小宗クリニック② (2010年3月17日 18:01) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :