ケミカルピーリング(エステ)は大阪のコムネクリニック@心斎橋
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

心斎橋のエステサロンは安全な医療機関まで 美容皮膚科、形成外科も

インフォームド・コンセント(英語:informed consent)は、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。以下、本項では「IC」と略称する。 特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け理解した上で (informed) 、方針に合意する (consent) ことである。説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。 なお、英語の本来の意味としては「あらゆる」法的契約に適用されうる概念であるが、日本語でこの用語を用いる場合はもっぱら医療行為に対して使用される[1](医療行為以外については説明責任を参照)。本項でも、以下では医療行為に伴うIC、特に医師を始めとする医療サービスの提供者(以下、医療従事者)と、患者との間でなされるICについて述べる。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科は、心斎橋の当院へ 美容皮膚科、イオン導入、エステ対応

サプリメントとは、アメリカ合衆国での食品の区分の一つであるダイエタリー・サプリメント (dietary supplement) の訳語で、狭義には、不足しがちなビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給を補助することや、ハーブなどの成分による薬効の発揮が目的である食品である。ほかにも生薬、酵素、ダイエット食品など様々な種類のサプリメントがある。広義には、人体に与えられる物質という意味で食品以外にも用いられる。 栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)、健康補助食品(けんこうほじょしょくひん)とも呼ばれる。略称はサプリである。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
メディカルエステは当院へ@心斎橋駅徒歩3分

自臭症(じしゅうしょう)とは周りから臭いと思われていると思い込む精神疾患。自己臭症(じこしゅうしょう)または自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とも呼ばれる。嗅覚に幻覚が出る幻嗅の一種である。
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
AGAは心斎橋の当院まで エステ 美容皮膚科も対応!

脱毛と生活習慣 [編集] 遺伝的な要素はAGAの発症や進行に大きく関わっているが、生活習慣もまた大きな要素となる。日本で第二次世界大戦後に男性型脱毛症が激増したことが一つの例として挙げられる。 毎日十分な有酸素運動を行なうと(筋肉量の増加を目的として男性ホルモンレベルを高めるようデザインされた、短時間の不定期な運動に比べて)インスリンのベースラインは低くなる。また、総テストステロンレベルや遊離テストステロンレベルもベースラインが低くなり、DHTのベースラインも大きく下がる。[6]ウエイトトレーニングにより遊離テストステロンレベルが下がったという研究も(少なくとも一つ)存在する。.[7] 治療 [編集] 脱毛を減らす、脱毛の進行を止める、稀には脱毛前の状態に戻す、という治療は以下。 * ミノキシジル * フィナステリド * デュタステリド * ケトコナゾール * ノコギリヤシ抽出物 * カフェイン [8]の局所療法
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
エステティックサロンのコ ム ネ ク リ ニ ッ ク@心斎橋

AGA に関連したホルモンのレベル [編集] 男性ホルモンにはテストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがある。一般的にAGA男性は総テストステロンレベルは低い。[1][2] 5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)は遊離テストステロンをDHTへと変換する酵素であり、主に頭皮と前立腺に存在する。遺伝子は解析されている。[3] 5αリダクターゼの活性は頭皮のDHTレベルを決定する要素となる。また、FDAによって脱毛症の治療薬として認可されている5αリダクターゼの阻害薬(フィナステリドのような、主にタイプ2サブタイプを阻害するもの)の使用量を決める目安にもなる。 性ホルモン結合グロブリン(sex hormone binding globulin, SHBG)はテストステロンと結合してその活性を抑え、DHTへの変換を抑制する。DHTレベルが高い人は一般的にSHBGレベルは低い。SHBGはインスリンにより下方制御(downregulate)される。 インスリン様成長因子1(insulin-like growth factor-1, IGF-1)の上昇は頭頂部の脱毛に関連している。[4] インスリンレベルが高いことはメタボリックシンドロームや脱毛に関連しているといわれている。男性や妊娠していない女性では SHBGレベルが低いことと耐糖能や糖尿病のリスクとに関連があるといわれている。ただし、女性の場合妊娠するとこの関連はなくなる。 [5]
投稿者 小宗クリニック② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1